腸内フローラの基本
NHKを始めテレビ番組でも紹介されることで、見聞きすることが多くなった腸内フローラ!乳酸菌食品で腸内フローラを良いバランスに保つ効果が大きいですね・・・
聞いたことはあるけれど、何のことか良く分からないと言う方も多いのではないでしょうか。
私たち人間の健康に大きく関係する腸内フローラについて、基本的な情報をご紹介したいと思います。

~腸内フローラとは何?~

人間のお腹の腸には、様々の細菌が生息していることは良く知られていますが、種類にして数百種、合わせて600兆個を超えると言うのは、驚きの数字です。
それら様々な腸内細菌は種類毎にグループを作り、腸内の壁に縄張りを争うように住み着いています。
腸内フローラの「フローラ」とは、英語で「お花畑」と言う意味で、腸内を顕微鏡で見た際に、まるで植物が種類毎に群生しているお花畑のように見えることから、腸の中のお花畑=腸内フローラと呼ばれるようになりました。
腸内細菌は1人1人、種類や数が異なります。国・人種・年齢によって、食文化や生活習慣が異なるためです。当然、腸内フローラの様子も大きく変化します。

~大きく3つに分かれる腸内細菌~

腸内細菌は、体に良いとされる「善玉菌」、体に悪いとされる「悪玉菌」、更にどちらにも属さない「日和見(ひよりみ)菌」の大きく3つに分類されます。
善玉菌の代表格は、なんと言っても「乳酸菌」です。有名なビフィズス菌の他、フェーカリス菌やアシドフィルス菌などがあります。善玉菌が増えることで、体に悪影響を与える悪玉菌が増えることを抑え、腸の調子を整えてくれます。
悪玉菌とはその名の通り、ウェルシュ菌や病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌など腸内で腸内で有毒物質を作り出すもので、体に悪影響を与えます。
便秘や下痢などのお腹の不調の原因は、悪玉菌の仕業であることが多くあります。
少々聞き慣れないのが、善玉菌・悪玉菌どちらにも属さない「日和見菌」ではないでしょうか。腸内の善玉菌・悪玉菌の内、優勢な方に味方するように作用するのが特徴です。

~理想的な腸内バランスに保つ~

腸内細菌が広がる腸の中のお花畑「腸内フローラ」の理想的なバランスは、善玉菌が2割、悪玉菌が1割、残りの7割が日和見菌とされています。
人間の腸の中では、善玉菌が増えようとする悪玉菌を抑えることで健康が保たれていますが、日々の食生活や体調の変化、服用する薬の作用によって、そのバランスは変化し続けます。ひと度悪玉菌が優勢になったバランスになってしまうと、便秘や下痢などの症状を引き起こすのは勿論、腸を通じて吸収された悪玉菌が生活習慣病や肌荒れなどに繋がることもあります。

~腸内フローラを整える乳酸菌~

善玉菌が悪玉菌を抑えている理想的な腸内フローラのバランスを保ち続けるには、善玉菌の代表格である乳酸菌を積極的に摂ることが効果的です。
乳酸菌は腸の中で乳酸や酢酸を作ることで悪玉菌が増えることを防ぎ、腸の調子を整えてくれます。乳酸菌飲料やヨーグルトなど乳酸菌食品が、お腹の調子を整えてくれることは良く知られていることだと思います。
乳酸菌食品を積極的に摂って、腸内フローラのバランスを良い状態に保ちましょう。

妊婦便秘!安全な乳酸菌サプリ比較

赤ちゃんをお腹に宿すと便秘が気になる妊娠の悩み

健康な赤ちゃんはストレス無しで育って欲しい妊婦の願いを叶えたいですね・・・

妊婦便秘!が当たり前のように語られるから不安になります。

毎日スッキリ安全な乳酸菌サプリ比較で体内環境を癒すことも・・・

人の体内で活動する代表的な善玉菌、

乳酸菌やビフィズス菌が元気に活躍して欲しい妊婦産の気持ち・・・

生まれたばかりの赤ちゃんのウンチは善玉菌であるビフィズス菌が大量に含まれています。

赤子のウンチは緑色!

生まれた時が一番多いビフィズス菌・・・

赤ちゃんのウンチはビフィズス菌の酸っぱい匂いがビフィズス菌の臭いとも言われています。

体内環境のビフィズス菌は赤ちゃんが最高値!

毎年体内のビフィズス菌は減少していきます。

赤ちゃんは100%、60歳近くになると1%程度にまで加齢と共に減少するのがビフィズス菌などの善玉菌です。

身体のとって有用菌である乳酸菌、善玉菌が生きたまま腸まで届けしましょう!

胃酸に弱い乳酸菌を生きたまま腸まで届ける乳酸菌サプリは人気です!

善玉菌をうまく摂取する習慣でスッキリ生活を継続したいものですね・・・

赤ちゃんにもスッキリした生活を望みたい気持ち、何か微笑ましい毎日が楽しみになります